野菜の栄養と効能を徹底調査しているサイト「野菜ドットコム」

ビタミンB6は「タンパク質代謝に不可欠」

ビタミンB6はどんな栄養素??

タンパク質の代謝に関与し皮膚や神経を正常に保ちます

 

ビタミンB6はビタミン群の一つで、「ピリドキシン」「ピリドキサール」「ピリドキサミン」という成分を持ち、それらは体内では多くがリン酸と結合した形で存在しています。ある報告によると、日常の食事摂取から73%という報告例があります。

 

ビタミンB6は主にタンパク質の代謝に関わるため、タンパク質の摂取量に応じて必要量が決まるというわけです。それは「タンパク質1gあたり0,019g」の摂取が必要量と推定され、国の食事摂取基準でもB6の推奨量はタンパク質を元に策定されています。

 

 

体内での働きは?

タンパク質に関与!

ビタミンB6は100種類以上の酵素の補酵素として働いてくれています。食品から摂取したタンパク質はアミノ酸として分解されて吸収され、このアミノ酸は必要なタンパク質へと再合成されます。この時、B6は補酵素としてこの過程・プロセスをサポートしているのです。

 

生理作用

上記の他、

 

・「アミノ酸」や「グリコーゲン」をエネルギー変換する
・神経伝達物質である「ドーパミン」や「アドレナリン」などの合成
・赤血球を合成

 

等の、様々な反応に働く・連携しています。

 

 

ビタミンB6が多く含まれる食品は?

魚介類系や肉に含まれる!

ビタミンB6は、おもに動物性食品に含まれています。肉類ではレバーの他、鶏肉にも多いとされています。
魚介類系では幅広く含まれています。冷凍したり加工したりすると損失されやすく、生魚に多く含まれています。「マグロ」「カツオ」「サケ」「サバ」「サンマ」等々、庶民に身近な魚に豊富ですよ♪

 

臭いあの食べ物に豊富!

植物性食品の中であの臭いで有名な「にんにく」に豊富で、食事成分表に記載のある全食品中で4位という含有量。ちなみに上位3つは

 

・乾燥唐辛子
・ガーリックパウダー
・バジルの粉末

 

となっていますよ♪
他には、ピスタチオやゴマなどの種実類、玄米やそばにも豊富です。様々な種類の食品に含まれるビタミンで優秀!

 

 

効率的な食べ方
鮮度の良いものを!

ビタミンB6は、熱や光に弱いとされ、また水溶性でもあることから、調理や保存の過程で損失しやすい成分です。
冷凍食品や加工品でも含有量が減ってしまうこともあるので、生の新鮮な食品を摂りたいところ。保存する場合、早めに日の当たらない涼しいところや冷蔵庫に入れると良い言われています。調理そのものは手早く・出来立てを食べるのが摂取のコツですよ。

 

動物性食品をから!

色々な食品に含まれますが、動物性食品から摂取した方が、植物性食品から摂取するよりも高い確率で利用されるそうです。魚介や鶏肉などを優先して選ぶと、ビタミンB6を補給できます。

 

 

1日の摂取基準
年齢

推奨量 男性
(単位:ugRAE)

推奨量 女性
(単位:ugRAE)

耐用上限量
男性
(単位:ugRAE)

耐用上限量
女性
(単位:ugRAE)

0~5ヵ月

0.2

0.2

-

-

6~11ヵ月

0.3

0.3

-

-

1~2歳

0.5

0.5

10

10

3~5歳

0.6

0.6

15

15

6~7歳

0.8

0.7

20

20

8~9歳

0.9

0.9

25

25

10~11歳

1.2

1.2

30

30

12~14歳

1.4

1.3

40

40

15~17歳

1.5

1.3

50

45

18~29歳

1.4

1.2

55

45

30~49歳

1.4

1.2

60

45

50~69歳

1.4

1.2

55

45

70歳以上

1.4

1.2

50

40

*ug=マイクログラム

 

 

このページに出てくる知っておきたい専門用語

補酵素とは?
グリコーゲンとは?


トップページ サイト内用語集 運営者 健康ダイアリー