野菜の栄養と効能を徹底調査しているサイト「野菜ドットコム」

パプリカはビタミンCとカロテンが豊富!

 

パプリカ

◆注目の栄養素
ビタミンC ビタミンE ビタミンA
カリウム カロテン

 

◆特徴
ビタミンCがピーマンの約2倍、カロテンは約3倍

おいしい時期 摂取エネルギー 保存方法

7~10月

赤色 100g / 30kcal

黄色 100g / 27kcal

ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で1週間

 

 

パプリカのマメ知識

パプリカとは唐辛子の総称。スーパーや八百屋さんで見かけるものは、大型(100g以上)で肉厚のピーマン。色は「緑」「赤」「黄」「オレンジ」「紫」「黒」「白」があり、オランダ・韓国・ニュージーランドなどから輸入されています。

 

パプリカ 購入時 見分け方・選び方

肉厚で柔らかく、みずみずしいもの。皮にしわがあるものは鮮度が落ちていると思ってよいです。

 

 

パプリカの栄養素・効果チェック

ビタミンCビタミンEビタミンAカリウムなどが豊富で、ピーマンと比較してもビタミンCはそれの約2倍、カロテンは約3倍もあります。

 

 

パプリカ 調理時・食べる時の何気なチェック♪

普通の緑色ピーマンに比べ、肉厚でジューシーな食感があり、甘く爽やかな味わい。サラダなどの生食はもちろん、煮込み料理や焼いて川をむきマリネにするなど、特に南欧料理には欠かせない料理です。

 

調理時、油を使うと吸収率が高まります。

 

 

皮の剥き方は?

丸ごと焼き、焦げ目をつけたパプリカをポリ袋に入れて少し蒸らすと、皮が剥きやすくなる。マリネにするとおしゃれな前菜になりますね♪

 

 


トップページ サイト内用語集 運営者 健康ダイアリー