野菜の栄養と効能を徹底調査しているサイト「野菜ドットコム」

サイト内用語集 か行

サイト内に出てくる用語をまとめた「か行」のページです。参考になさってください。

壊血病とは?

引用↓壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気。成人と小児では多少症状が異なる。ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織...

≫続きを読む

 

核酸とは?

引用↓生物の細胞核中に多く含まれる、塩基・糖・燐酸(りんさん)からなる高分子物質。糖がデオキシリボースであるデオキシリボ核酸(DNA)と、リボースであるリボ核酸(RNA)とに大別される。

≫続きを読む

 

過剰症とは?

引用↓ビタミンの過剰によって起こる症状の総称である。ビタミン毒性ともいう。脂溶性ビタミンに多い。ビタミン毎に過剰症の症状が違ってくるので要注意だったりします。

≫続きを読む

 

脚気とは?

引用↓脚気(かっけ、英: beriberi)は、ビタミン欠乏症の一つであり、ビタミンB1(チアミン)の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患である。心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって、下肢のしびれが起きることから、脚気の名で呼ばれる。心臓機能の低下・不全(衝心(しょうしん))を併発...

≫続きを読む

 

カプサンチンとは?

引用↓赤ピーマンの赤色色素のことを「カプサンチン」言います。緑色色素クロロフィルが日光によって分解されることで生成されるものです。このカプサンチンには、カロテン以上の高い抗酸化作用があり、善玉コレステロール(HDL)、悪玉コレステロール(LDL)の両方の酸化を防ぐので、生活習慣病予防に役立ちます。ま...

≫続きを読む

 

カルボキシラーゼとは?

引用↓赤ピーマンの赤色色素のことを「カプサンチン」言います。緑色色素クロロフィルが日光によって分解されることで生成されるものです。このカプサンチンには、カロテン以上の高い抗酸化作用があり、善玉コレステロール(HDL)、悪玉コレステロール(LDL)の両方の酸化を防ぐので、生活習慣病予防に役立ちます。ま...

≫続きを読む

 

きぬかつぎとは?

引用↓きぬかつぎは、さといもの小いもを皮のまま蒸し、その皮を剥いで食べる料理のコト。さといもの1/3程度の位置に包丁で切れ目を入れて蒸し、中央で皮をつまむと1/3だけを残して皮がスルリと剥け、若い松茸のような外観になります。この一部に皮の付いた様子を、平安時代の女性の衣装「衣被ぎ(きぬかつぎ)」にな...

≫続きを読む

 

グリコーゲンとは?

引用↓グリコーゲンは肝臓と骨格筋で主に合成され、余剰のグルコースを一時的に貯蔵しておく意義がある。糖分の貯蔵手段としてはほかに、脂肪とアミノ酸という形によるものがある。 脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない脂肪や、合成分解に窒素代謝の必要なアミノ酸と違い、グリコーゲンは直接ブドウ糖に分解でき...

≫続きを読む

 

結球とは?

引用↓(スル)植物の葉が重なり合って球のようになること。ハクサイ・キャベツなどの葉菜類にみられる。

≫続きを読む

 

血色素とは?

引用↓血液中にある、酸素の運搬に関与する色素たんぱく。脊椎動物では赤血球中にあるヘモグロビンをさす。血液色素。

≫続きを読む

 

トップページ サイト内用語集 運営者 健康ダイアリー