野菜の栄養と効能を徹底調査しているサイト「野菜ドットコム」

ねぎ

淡色野菜の「ねぎ」の効果・効能を解説しております。アリシンで血行を促進しますので冷え性の方には食べて頂きたい野菜です。

ねぎ 効果

ねぎ◆注目の栄養素カロテン ビタミンC ビタミンKカルシウム アリシン(硫化アリル)◆特徴アリシンの成分が血行を促進し冷え性改善に役立ます。おいしい時期摂取エネルギー保存方法11~2月100g / 34kcal新聞紙に包んで、日の当たらない場所で。ねぎ・マメ知識中国では紀元前から栽培され、日本へは奈...

≫続きを読む

 

ねぎ 種類

大きく分けると「加賀系」「千住系」「九条系」の3種類ねぎは大きく分けると、「加賀系」「千住系」「九条系」の3つになります。このうち加賀系・千住系は「根深ねぎ」というねぎの系統で、白く伸びた茎(葉鞘部)を食し、主に東日本で作られています。この系統には寒さに強いという特性があります。一方「九条系」は京都...

≫続きを読む

 

ねぎ 美味しく食べるコツ

ラップで包む使い残したねぎは保存時皮をむき、根元をとって短くカット。ラップに包んで冷蔵庫へ。きざんで冷凍小口切りやみじん切りにしたものを小分けし冷凍しておくと、薬味が欲しい時何かと便利です。この状態ではおおむね一か月程度で使い切るのがベターです。風邪の引き始めに風邪の時は、きざんだねぎをたっぷり入れ...

≫続きを読む

 

トップページ サイト内用語集 運営者 健康ダイアリー